こころとからだの処方箋


オステオパシーがつくる3つの健康

 

今日はオステオパシーがつくる3つの健康ということでお話しをします。

 

健康とは、ひとつの側面だけで達成してもなんにもならないというお話です。


目次

1、オステオパシーが考える人間観

2、からだとこころの関係、そして魂とは?

 

3、オステオパシーによる健康


1、オステオパシーが考える人間観

オステオパシーでは、人間を身体・こころ・魂が調和している存在ととらえています。

なぜなら、常にその3つの要素(からだ、こころ、魂)が相互にかかわって健康ができているからです。

 

例えば、毎日がストレスでいっぱいの方は当然心がおれ、体を害します。

また、事故や病気をきっかけに鬱症状を併発する方は少なくはありません。

さらに、例えば、納得のいかない人生を歩んでいると感じている方はどうなるでしょうか?

それは、少しずつ少しずつ自分のこころと折り合いがついていかなくなり、最終的にはからだを害してしまうでしょう。

 

 だから、オステオパシーではからだだけ治せばいいとは考えていません。

 

2、からだと心の関係、そして魂とは?

  からだとこころはつながっています。

  なぜなら先ほども例をあげさせていただいたように、どちらかが悪い状態に傾けば、他方も影響を及ぼすからです。

 

  では、魂はどうなっているでしょうか?

   

   魂とは、生まれ持っている才能や資質。ととってもいいかもしれません。それが魂の質であり、私たちはそれを最大限発揮することを深い心理的なところでは望んでいます。

 

  思い浮かべてください。

 

  もしあなたの才能や資質を充分に発揮し、社会に貢献したり、牽引したりしている姿を。

  その時はあなたは 苦しいでしょうか?楽しいでしょうか?

 

  楽しいに決まってますね!本当の意味で、それはストレスとは無縁です 。

  たとえあったとしても、それは気にもとめないものでしょう。

 

 

  だから、健康を考えるとき、からだだけでなく、こころ、たましいという考えは重要なのです。

3、オステオパシーによる健康

 

ですのでオステオパシーはその3つの要素に健康を作ることを目指すのが本質です。

 

では、その観点からどのようにして普段から健康管理していけばいいかをアドバイスしたいと思います。

 

🔶からだの側面

 ・肩だけ、腰だけにこだわらず、股関節や肩周り、アキレス腱や太ももの裏など幅広くストレッチする。

 ⇒痛いところだけに原因があるのではなく、全体のバランスで成り立つのが身体です。ここであげた箇所は人体で比較的多くの場所がかかわるところ。自分の知ってるストレッチでいいですよ!気を配ること。これが大事です。

 ・思いっきりこけたり、なんかあったときはオステオパシーを!

 

 ⇒衝撃がはいるとそれに伴って膜がゆがみます。一番早いのはオステオパスにみてもらうこと。僕自身も同僚に毎回やってもらったときには、その効果に驚きます(笑)

🔶こころの側面

 ・まずは書いてみよう。

 ⇒自分の心の中は、自分でも意外とわからないのです。なんかモヤモヤする。これが一番多い感覚です。じゃあそのモヤモヤってなんなのか?これを理解することから「こころ」は始まります。なんにも書いてないノートに思うがまま書いてください。もし、その内容が心のものすごくモヤモヤすることなのだとしたら、それをちぎって丸めて捨てるのです。

 ・ブレーキ外し

 ⇒こころにある自分のブレーキが、あなたの進む足を止めます。それはあなたが過去に作った信念です。どうぞご相談ください。

 

 🔶たましいの側面

 ・簡単にできたもの、人から言われて褒められたものをさがしてみる。

 ⇒あなたの才能はそんな難しいことではないのです。才能なのですから(笑)あなたは自然とできてしまいます。自分はなんでもないことなのに、他人から褒められたことなどないですか?書いてみましょう。なんでもないことでも、人に役に立てようと思えば、きっとチャレンジもでてきます。

 

 ・あなたの強み、才能はあなたのこれまでの人生を細かくみれば、でてきます。そんなワークはどうぞご相談ください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!