慢性腰痛


腰痛 

3ヶ月以上腰痛が継続する時、慢性腰痛となります。なんとも言えない堪え難い重だるさを感じたり、人によっては痺れを感じる場合もあります。

 

 

【急性腰痛】

腰痛を患い6週間以内のものをいいます。何かの動作後、痛みを発症したり、原因が比較的明確であることが多いです。また、痛みの質としては、動作に伴う鋭い痛みであることが多く、鋭い痺れを局部的に感じることもあります。

 

【急性腰痛で注意すべき症状】

以下の状態のときには、緊急の手術が必要であったり、早急な医師の判断が必要なことがあります。
・背部を痛みが移動していく(日にちをかけてというより、時間単位で)
・体を前に曲げたり特定の動作で局部的に走るような痺れや疼痛を感じる
・熱発や全身倦怠感を伴うもの
・排尿や排便に障害がでている
・足や胸などをたたいても腰に痛みがひびく
・受傷の原因が事故や、物理的な衝突を伴うもの
・顔面蒼白など、腰以外にも異変がある
このような場合は、すぐに病院へ行くことが望ましいです。

【慢性腰痛における一般的な治療】

・運動療法(マッケンジー体操など)
・筋肉を鍛える。
・湿布とコルセット、痛み止め
・神経ブロック

【当院における施術の方針】

まず、お身体が前提としてどのようなものであるか、「慢性肩こり」のコラムで詳しく説明しています。まずは、それを読み進めていただくと以後の説明がわかりやすいかと思います。
慢性腰痛の原因は脳?
最近、腰痛について、テレビで取りあげられることも増えてきました。以前と違って、画一的ではない考え方も知られるようになってきています。

特に最近話題になるのは、

腰痛は、腰に原因があるのではなく、脳がその痛みを記憶し、痛みを発している。

というものです。腰痛の慢性化の原因は、脳にあるというのです。

皆さんはこれを聞いたらどう感じるのでしょうか?

腰の痛みは脳の勘違いなのか〜とか

思い込みか〜とか

思ってしまうかもしれません。

確かに慢性に感じる痛みの原因の一つとして、脳が記憶してしまうということは、大きなものであると言えると思います。

でも、よく考えてみて下さい。

じゃあ、最初に痛かったのは、なんで起こったんだろうか?


ひとつのことが、発見されるとそれだけが先行し、注目されてしまうのが、メディアの悪いところです。
脳が痛みを覚える前に体の変化がある

慢性的な腰痛に多いのが、

1、痛みとなった原因がはっきりしているもの
2、特にきっかけもなくなんとなく痛みがでて継続していくもの

1、痛みがはっきりしていくもの