更年期症状


更年期とは、性成熟期から性不能期への移行期(45〜55歳あたり)のことをいう。更年期障害は、この時期に生じる、自律神経失調症状や精神症状が相互に関係しあっておこる、不定愁訴全般のことと言われます。

【女性の更年期障害】

主に加齢に伴う、卵巣機能の低下によって、卵巣から分泌される卵巣ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減り、これが脳の視床下部にある自律神経中枢に作用し、自律神経失調症状を引き起こすと言われています。また、心理的ストレスなども関わり、情緒不安低や抑うつ傾向など、精神的症状がでることがあるといわれています。

【症状】
・ホットフラッシュ(顔ののぼせ、ほてり)
・発汗
・肩こり
・めまい
・憂うつ


【男性の更年期障害】

男性ホルモン(テストステロン)の高齢に伴う、低下によっておこる種々症状をいいます。主に40代後半から5代前半にみられますが、個人差が大きいのも特徴です。

【症状】
・性欲低下
・ほてり
・発汗
・疲労感
・うつ症状

【一般的な対応】
・ホルモン補充療法(エストロゲン)(テストステロン)
・向精神薬
【当院における対応】